記事一覧


無料のポテト美味しいですぅぅ(爆) カラオケのコツ



ブログを引っ越しました! 詳細はこちら!






時々カラオケ行くと、採点で何点以上出したらフード無料とかあるじゃないですか。

そういえば、この間出してきて、無料のポテト食べたなぁと思ったので、書こうかなとw

名づけて「95点以上出して無料でお腹が膨れるためのカラオケ講座!」


カラオケで頑張るっていうのが、とても不順な動機ですが、採点で高得点を出すためには、目的意識は必要不可欠です!

ちなみに、私が95点以上出したのは、JOYSOUNDです。DAMは94が限界でしたw
まぁ、DAMのが厳しいんですよ…w




<カラオケの採点で見られるポイント>

カラオケの採点で見られるポイントは、実はすごく少ないです。表情とか声色まで把握しているわけではないです。
もっと言うと、歌詞通りに歌う必要もなかったりします。
それこそ、全部「あ〜」で取れる人は100点取れます。


・音程
・リズム
・ロングトーン/ビブラート
・表現力


最低意識するのは、この4つ。

これさえやっときゃ98までは簡単に行けます。



<音程>

音程は、シンプルにガイドメロディ通りに歌えているか という判断基準です。
ガイドメロディをよく聞いて、その通り音を出していけば、90なんてちょろいです。
これはDAMでもJOYでも変わりません。

ただし、その歌の歌手の通り歌っても、取れるわけではなく、そのカラオケに組み込まれているガイドメロディ通りに歌う必要があります。
なので、余計なアレンジは、とりあえず物を食べるまでは置いておきましょう。






<リズム>

リズムは曲の早さですね。
これも基本的には、ガイドメロディよりちょっと遅いくらいで合わせるといいです。
ガイドメロディより早く歌ってしまうと、リズムが早くなり、逆に遅すぎると、遅くなってしまいます。

コツは、ガイドメロディが聞こえたら、その音を出すというふうにやっていきましょう。

裏表ラバーズを最速で歌うのも気持ちいいですが、それはまたあとで。





<ロングトーン・ビブラート>


多くの方が躓いてしまうのが、この項目。
まぁ、ぶっちゃけ伸ばす所はちゃんと伸ばせよ という所なんですが、案外早く切ってしまいがち。
すこし長いくらいでちょうどいいです。

そして、ビブラートですね。
ビブラートは、三種類あるのですが、基本的には演歌のようなビブラートを使っていけばいいです。
ビブラートの練習は、ドとレの音を「あー」と出しながら高速で行き来するだけ。
自ずと、出来るようになりますよ。

私の場合は、意識的に声を震わせると思ってやっていますが、多くの方が無意識に使っているのではないかと…w

まぁ、ビブラートを掛ける部分は、ロングトーンの場所だけで十分ですので、全部に全部かけていく必要はないかな。






<表現力>


表現力と言いましたが、ぶっちゃけて言えば「抑揚」や「テクニック」とごっちゃにしてます。

抑揚やテクニックは、「フォール」「しゃくり」といったものですね。
意識しなくとも勝手に入っていくものですが、これを意識的にやれると、得点はうなぎのぼりです。

苦手な人は、演歌を練習すれば、いい勉強になりますよ。
演歌には、ビブラート、こぶし、しゃくりと全部入っていますからね。






<確実な得点アップのための意識改革>

まず、自分の歌う曲のキーが自分にあってもいないのに、高得点を目指そうとしても、絶対に無理です。
基本的には、キー変更をして歌うのが一番です。

ちなみに、高い歌の場合に、キーを下げていませんか?
それって実は聞いているととても気持ち悪いし、実は歌いにくいんです。
キーというのは、相対的なもので、上げても下げても、実際声に出すと、そこまで変わりがないのです。

なので、高い歌を歌う場合は、キーを上げたほうがいいのです。

自分の歌いやすいキーを探して歌うのを、徹底しましょう。


次に、マイクワークです。
基本的には、誰も彼もが、マイクに口を近づけていますが、それだと逆にマイクに声がこもりがちになって、せっかく頑張っていても、リップノイズや息継ぎの影響で残念な結果になってしまいがちです。
マイクは基本的に口から拳一つ分離して使うのがいいでしょう。

それで声が乗らない場合は、声が小さかったり、指向性から外れていることが原因だと考えられます。



最後に、複式呼吸です。
よく腹から声を出せと言われますが、腹から声は出ません。間違いない。

どういうことかというと、複式呼吸というのは、腹筋を使って息をコントロールする技術なのです。
なので、歌うときにすこしお腹に力を入れてあげると、声の厚みが増します。

力を入れるポイントは、おへその穴に手のひらを置いて、ちょうど小指の当たる位置。そこがいわゆる丹田と言われる場所です。
息を吸う時に、この場所へ空気を貯める。息を出すときに、この場所から空気を出すのをイメージするとやりやすいです。






<採点やるならJOYで>

周知の通り、採点においてDAMとJOYでは、その基準のレベルが格段に違います。
自身のスキルアップを求める場合は、DAMの方がいいです。と言うか、JOYは信用なりません。

では何故JOYなのかと言うと、採点基準が大幅に甘いのです。

また、JOYでしか使えない裏技もあったりします。
それは、全部ビブラートで歌う!

なにをバカなと思っているかもしれませんが、JOYの採点はちょろ甘なので、こんなふざけた方法でも高得点を稼ぐことが出来るのです。

そして、なるべく大きな声を出す。
これも、JOYの採点基準に含まれているらしく、大きく元気に歌うと、小さく歌うよりも得点が高くなるんですよねぇ。
何故か…。







<オススメの曲>


採点で物を食べるまで、もう少しです。
最後にオススメの曲をご紹介したいと思います。

と言っても、曲名を言うわけではないのですが…w


オススメは、バラード調の曲です。

なぜオススメなのかといえば、曲調がゆっくりなので、音程やリズムが取りやすく、なおかつそこまで疲れないのです。
また、バラード調の曲は、男性女性共にキーが低いので、あまりキーを気にしなくてもいいというのが、いいところですね。


ちなみに、私は倉木麻衣さんの「time after time~花舞街で~」で、98点をマーク。








歌広場や、大手のところではナカナカない何点以上のシステムですが、あるところではドンドン活用していきたいですよね。
なおかつ高得点を取れるということは、それだけ自身にもなります!

ぜひ、無料のフードを頼みましょう。


ちなみに、私の十八番「time after time」は、先程も言った通りJOYでは98点を取りましたが、DAMでは93が限界でした。
DAMの採点ホントキチィ…。
関連記事

<スポンサードリンク>







スポンサードリンク


スポンサードリンク

                           



  • カテゴリ:音楽
  • CM:2
  • TB:0
  • コメント

    こんばんは~

    羨ましいですなw
    自分はJOYでもDAMでも80点ぐらいです(-ω-`)
    90点以上なんざ、取ったコト無いですねw
    ビブラートがかけられねェ...。

    コレ見て上達の糧にします!

    Re: こんばんは~

    基本的に、歌手の歌い方通りでも、地でいけば90は取れますよ^^

    ビブラートは、意識的にやり過ぎると、逆に上手く行かなかったりするんで、あまり気にしなくてもいいと思いますw
    あれば得点は上がりますけど、ビブラート意識し過ぎると、音外してしまうんですよねww
    マイクを小刻みに揺らしてかけるって方法もあるみたいですw

    もし、90以上取れたら報告お願いします!
    楽しみにしてますw

    コメントの投稿

    非公開コメント

    リンク

    ブログ内検索

    楽天

    フリーエリア

    プロフィール

    李乃遙夏

    Author:李乃遙夏
    ようこそ。
    管理人の、りのです。
    日々のことを書いていきたいと思っています。
    ゲームやアニメ、漫画も好きなので、趣味が合うなと思った方は、絡んでいただけると嬉しいです。

    こちらに新しいProfileを作りました。
    自己紹介記事へ移動する

    新たにブログを作成しました。こちらもよろしくお願いします。
    ガールズバーで男の娘として働いていた


    ニコ生もやってます。不定期ですが、お時間があれば是非どうぞ
    とりあえず立ち上がって両声類を目指す

    最新記事

    Hulu

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    ニコニコプレミアム登録

    このページのトップへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。