記事一覧


「予告犯」 映画化!! 主演:生田斗真 戸田恵梨香  予告犯感想



ブログを引っ越しました! 詳細はこちら!






明日の予告を教えてやる




警視庁のネット犯罪の対策部署として設立されたサイバー犯罪対策課。ある日、動画サイトYOURTUBE に、新聞紙を頭に被った男が、某食品加工会社に放火の予告をしている動画が発見される。その後も幾度となく犯罪予告を繰り返す男。警視庁はこの男を“新聞男”と名付ける。サイバー犯罪対策課は新聞男は複数犯であると睨み、新聞男らの正体や動機を探るべく本腰を入れて調査を始めるようになる。
ネット上では通称“シンブンシ”と呼ばれることの多い新聞男。彼らは主にソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で失言をして炎上騒ぎを起こした者に対して、犯罪予告をしてその後制裁を行っている。制裁の方法もターゲットを監禁拉致して重傷を負わせる、精神的苦痛を与える、または世間での評判を失墜させるようなケースまで様々である。また、シンブンシ一味の真似をして駅前での殺害予告を実行しようとする者が現れるなど、社会現象を巻き起こすまでなった。ネット上のユーザー投票でも徐々に支持が不支持を上回るようになり、シンブンシはカリスマ的ともいえる人気を博していく。
シンブンシの真の目的は?そして警視庁サイバー犯罪対策課の包囲網は彼らを捕えることができるのか?









はじめて読んだ時は、鮮烈でした。

元々、名探偵コナンや金田一少年の事件、多重人格探偵サイコなどのミステリーや実写的なマンガは好きだったのですが、絶対映画化すると思っていました

なぜ、映画化するかと思っていたかというと、現実に出来そうだからです。

マンガなんてフィクションで当然なんですが、それを突き詰めていくとリアリティがなくなってしまうんですが、予告犯は妙にリアルなところがあって、とても面白かったです。

筒井さんの作品は、予告犯を含め、リアル思考でどれも面白いです。
一番ゾッとしたのは、「マンホール」ですね。

特に大量繁殖して、部屋中にいる描写は、引きました。マジで。

読む時は注意してください。




さてさて、今回は出演陣が豪華ですね。
生田斗真は、まぁいいとして、注目したいのは戸田恵梨香です

今までの戸田恵梨香といえば、BOSSでのクール系や、SPECでのハチャメチャ系が目につきます。
しかし、今回の役どころは、クール熱血の熱血より。そして警察側にはあまりギャグはありません。

どんな役作りをしてくるのかが気になるところです!


ところで、映画館のPOPにラストシーン乗ってたんですけど、あれって相当ですよね…。
あのシーンはPOPに入れるべきではないと思いました。
関連記事

<スポンサードリンク>







スポンサードリンク


スポンサードリンク

                           



  • カテゴリ:映画
  • CM:0
  • コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    リンク

    ブログ内検索

    楽天

    フリーエリア

    プロフィール

    李乃遙夏

    Author:李乃遙夏
    ようこそ。
    管理人の、りのです。
    日々のことを書いていきたいと思っています。
    ゲームやアニメ、漫画も好きなので、趣味が合うなと思った方は、絡んでいただけると嬉しいです。

    こちらに新しいProfileを作りました。
    自己紹介記事へ移動する

    新たにブログを作成しました。こちらもよろしくお願いします。
    ガールズバーで男の娘として働いていた


    ニコ生もやってます。不定期ですが、お時間があれば是非どうぞ
    とりあえず立ち上がって両声類を目指す

    最新記事

    Hulu

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    ニコニコプレミアム登録

    このページのトップへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。