記事一覧


集団的自衛権可決のその後



ブログを引っ越しました! 詳細はこちら!






現在、集団的自衛権を含む安保条約の審議がされています。
今のところ、採用が確信していると言っても過言ではないでしょう。

と言うか、もはや可決するのは確実です。

この集団的自衛権のその後のことはどうなっているのかを予想していきたいと思います。





<自衛隊が軍隊になる>

今でも海外では、自衛隊というのは日本軍ではないかという意見があります。
この意見に対して日本は、日本という国の自衛のみに限るので、軍隊ではないという見解をしめし、なんとか逃げ切ってきました。

しかしながら、安部首相が発言した「我が軍」という言葉から推察できるように、自衛隊が日本軍になることは目に見えているのです。

これには憲法9条の改正が必要になってくるのですが、その前段階として集団的自衛権というものを置いているにすぎません。

今までも集団的自衛権を使ってきたのだから、憲法9条がなくなっても大丈夫でしょうという運びにしたいのです。






<憲法9条がなくなる>

さきほども書いたように、これは憲法9条改正への布石です。
この憲法9条が邪魔だと思っているのは、制定したアメリカ自身です。

アメリカは、日本の軍事技術を高く評価しています。
そして、それを利用できないかと虎視眈々と狙っていたのです。

そして、アメリカに逆らう気がなくなったところで、憲法9条をなくして、アメリカの国力増強に努めようとしているのです。

そして、日本人を慣れさせるために、集団的自衛権を布石として、憲法9条を排そうとしている事が伺えます。







<徴兵制が復活する>

話を戻しますが、このままの流れで行くと、自衛隊は軍隊になります。
そして、軍隊になろうというところで復活するのが、徴兵制度です。

今まで、自衛隊というのは志願制だったのですが、軍隊であるのであれば徴兵制であるのは当然としたいのです。

今のままの日本人ならば、そのことに対して猛烈に反発するでしょうが、集団的自衛権が可決され、意識が薄れてきた頃合いで、この制度を復活させるというのが本当の狙いです。







<日本はアメリカになる>

この流れを仕組んでいるのは、安部首相でもなければ、日本国政府でもありません。
これは全てアメリカが終戦時から考えていたもので、計画通りなのです。

イキガミというマンガは、このことを書いていたように思います。
イキガミの感想・ネタバレ


つまり、日本をアメリカの支配下に置こうというのは、終戦後からの計画で、時の首相はそれに従っていただけのことです。







<戦争は必ず起こる>

集団的自衛権が可決されてから、5〜10年以内に、アメリカはどこかと戦争をはじめます。
もしからした、それよりも早い段階で戦争を起こすのではないでしょうか。

戦争の火種はイスラム国などのテロ組織撲滅などの、皆が賛同するものです。
そこから、中国やロシアとのにらみ合いになって、第三次世界大戦が起こるのではないかというのが私の見解です。

その時に、わざと何かしらの行動をして、日本が集団的自衛権を使わざるを得ない事態に発展させます。
30年後には、自衛隊は日本軍となり、日本自体はアメリカの51番目の州になるのです。







<100年計画>

以前から陰謀論などで囁かれていたアメリカの100年計画ですが、戦後70年を経て、それが現実味を帯びてくるようになりました。
マスコミなども、アメリカの動向伺いがあって、集団的自衛権を推し進めようとしているのではないかという見解をしています。

もちろん、アメリカに矛先を向けないように、安倍首相が祖父の夢を叶えたいのではないかという見え透いた工作は図られていますが…。

現在、この国に影響力を及ぼしているのは、政治家ではなくアメリカです。
様々なことに目を向ければ、それが本当であるというのは、火を見るより明らかです。

郵政民営化、外国人参政権、集団的自衛権、憲法改正
これらのことを、ひとつの線で結びつけるキーワードが、アメリカなのです。







もしも、集団的自衛権が可決してしまっても、その後にしっかりと日本人が意見を示せば、この計画を遅らせることは出来るでしょう。
大切なのは、我々の意識がどうかということです。

本当は集団的自衛権よりも先に考えるべきことが山積みなのに対して、これだけアメリカへのアピールをしているということが、今の政治家が売国奴という確かな証拠なのです。
関連記事

<スポンサードリンク>







スポンサードリンク


スポンサードリンク

                           



  • テーマ:政治・経済・社会問題なんでも
  • ジャンル:政治・経済
  • カテゴリ:意見
  • CM:0
  • TB:0
  • コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    リンク

    ブログ内検索

    楽天

    フリーエリア

    プロフィール

    李乃遙夏

    Author:李乃遙夏
    ようこそ。
    管理人の、りのです。
    日々のことを書いていきたいと思っています。
    ゲームやアニメ、漫画も好きなので、趣味が合うなと思った方は、絡んでいただけると嬉しいです。

    こちらに新しいProfileを作りました。
    自己紹介記事へ移動する

    新たにブログを作成しました。こちらもよろしくお願いします。
    ガールズバーで男の娘として働いていた


    ニコ生もやってます。不定期ですが、お時間があれば是非どうぞ
    とりあえず立ち上がって両声類を目指す

    最新記事

    Hulu

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    ニコニコプレミアム登録

    このページのトップへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。