記事一覧


バケモノの子見てきました 感想



ブログを引っ越しました! 詳細はこちら!






バケモノの子 (角川文庫)

バケモノの子見てきました!
前々から見たい見たいと言ってきたので、願いが叶いましたww


ネタバレ記事は、別記事に書きたいと思います。
<<追記>>書きました。

バケモノ子 ネタバレ記事

小説版も読みました。
バケモノの子 小説版感想




<感想>

ぶっちゃけて言うと、面白いかどうかは半々ですね。
意見は別れるところだと思います。

自分は、アクション・演技的にはすごく満足でしたが、ストーリーはいまいちかなぁと思います。
細田守監督作品というよりかは、ジブリ作品と言われたほうがしっくり来る印象です。

導入部分が、すごく千と千尋の神隠しに似ていて、ある意味リスペクトなのかなぁ?と


特に目を見張ったのはCG技術と、声優陣ですね。

CGは導入部分から、あっと思わせるくらいの精密さでヌルヌル動きますし、凝った技法が使われていたりと、見る人を圧倒するものがあります。
やっぱり、アクションのCGは特に力が入っていて、細田守監督の新しい武器を感じたようでした。


そして、あんぐりしてたのは、声優陣の演技。
役所広司さんの演技は、前半半分を口を開けっ放しで見てました。
間とか距離感、感情がぴったり当てはまるんですよね。

特に、繰り返しのセリフなんかも、それ一つ一つに意味がしっかりしていて、粗暴な熊徹何だけれども、どこか優しさを含んでいるという印象を受けました。


ニュースなんかでは、役所広司さんが大きく取り扱われていたのですが、その他にも大泉洋さん、リリー・フランキーさん、津川雅彦さん、山口勝平さん、宮野真守さんと、大物がチラホラ。
特にV.I.Pを送りたいのは、津川雅彦さん。

バケモノ達のまとめ役である宗師と言う役柄だったのですが、これが凄いハマるんですよね。
もちろんベテランですから、間やリズムをしっかりと考えられていて、一言の重みが飄々としながらも感じられました。
と言うか、エンドロール見るまで、津川さんとわからないくらいにひょうひょうとした演技でしたね。

バケモノの子の中でも宗師は人気になるキャラクターだと思いますww


そして、最近私がおもしろいなと思う映画に、必ずリリー・フランキーさんが出てるんですよねw
個人的にリリー・フランキーさんは大好きなので、全然構わないんですが、にしてもリリー・フランキー率が高いなぁと思わざるを得ないですねw
これからも頑張っていただきたいです。


登場キャラクター達は、それぞれどこか演じている役者さんに似ていまして、細田守監督いわくまったくの偶然らしいのですが、ほんとかなぁ?ww
熊徹なんて、役所広司さんそのままだと思うのだけれど…ww



今回の、バケモノの子は、家族は家族でも、やっぱり相容れないものとどう接していくのかということに重点を置いていたのではないでしょうか。
そして、人間としてどう生きていくのかを、バケモノをファクターにして描かれている。
まぁ、ストーリーの後半は、少し強引な気もするのですが…ww





<戦利品>

今回の戦利品は、バケモノの子のパンフレットと、ブックカバー。

【チラシ2種付映画パンフレット】 『バケモノの子』 監督:細田守.出演(声):宮崎あおい.染谷将太.広瀬すず

パンフレットには、演者さんたちのインタビューや、細田守監督の思いなどが掲載されています。
ネタバレは、パンフレット内にはありませんので、鑑賞前に読んでも大丈夫ですww

ブックカバーは、熊徹や九太のトレードマークが正面に書いてあって、裏に二人の姿が小さくプリントされています。
質感がしっかりしていて、文庫本サイズ。
読むのが楽しくなってしまいますねww

バケモノの子の文庫版も購入しようかと思ったのですが、今回は見送りましたw
またBOOKOFF等で見つけたら購入しようと思いますww
それと、劇中で出てきたり、作品の構想となった「白鯨」という小説も、読んでみたいなぁと思いますww






<細田守ランキング(意義は認める)>

一位:サマーウォーズ

サマーウォーズ 期間限定スペシャルプライス版(2枚組) [DVD]

やはり、細田守監督を一躍有名にさせたのは時かけよりもこの作品のきがします。
キャラクター達の個性もさることながら、近未来的な構想も個人的に大好きですし、「お願いしまぁぁぁす!」がいいですよねww
この辺りから、細田守監督は「家族」を意識してきたように思います。
とりあえず見るものないときにはおすすめできる作品です。


二位:おおおかみこどもの雨と雪

おおかみこどもの雨と雪 期間限定スペシャルプライス版(2枚組) [DVD]

やはり、細田守監督作品で一番泣かされたのはコレですね。
なんとも、子供ながらの苦心と、親の苦心が如実に描かれているような気がします。
しかも、私の実家も田舎なので、親近感がわきますねww


三位:バケモノの子

ストーリーだけ見ると、時をかける少女に劣るものの、やはりCG技術や役者さんの演技を鑑みると、これが第三位かなと思います。
ストーリーにしても、後半までは普通に面白いですし、メッセージ性にも富んでいる作品かなと思います。
まぁ、今回は贔屓目にってことで←


四位:時をかける少女

時をかける少女 [Blu-ray]

細田守監督の第一作目ですね。
やはりオーソドックスな恋愛ものですので、なにか気負いをせずに見ることが出来ますね。
心をギュッとされる場面を多いですし、ストーリーだけなら、1・2を争う作品だと思います。
ただまぁ、評価されつくされているかなとも思うので、今回は4位に…。







バケモノの子は絶賛上映中です。
パンフレットだけでも買う価値はあるかと思います。

また、ネタバレもこの後書いていきますが、結構わかりやすいですww


<<追記>>書きました。(しつこい)

バケモノ子 ネタバレ記事
関連記事

<スポンサードリンク>







スポンサードリンク


スポンサードリンク

                           



  • テーマ:映画感想
  • ジャンル:映画
  • カテゴリ:映画
  • CM:0
  • TB:0
  • コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    リンク

    ブログ内検索

    楽天

    フリーエリア

    プロフィール

    李乃遙夏

    Author:李乃遙夏
    ようこそ。
    管理人の、りのです。
    日々のことを書いていきたいと思っています。
    ゲームやアニメ、漫画も好きなので、趣味が合うなと思った方は、絡んでいただけると嬉しいです。

    こちらに新しいProfileを作りました。
    自己紹介記事へ移動する

    新たにブログを作成しました。こちらもよろしくお願いします。
    ガールズバーで男の娘として働いていた


    ニコ生もやってます。不定期ですが、お時間があれば是非どうぞ
    とりあえず立ち上がって両声類を目指す

    最新記事

    Hulu

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    ニコニコプレミアム登録

    このページのトップへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。