記事一覧


バケモノの子 文庫版読了!



ブログを引っ越しました! 詳細はこちら!






バケモノの子の小説版も読了しました!

彼女が文庫版も買ってきてたので、借りて3時間ほどで読了しました。
にしても、3時間って結構かかったなぁミ´・ω・`ミ




<語り部>

基本的に物語は、多々良と百秋坊によって語られます。
なんで、九太の目線であっても、この二人のバケモノ達が、九太の目線になって語っているという感じですね。
想像すると面白いですよねww2匹が九太や熊徹とかの真似をしながら語ってるんですよねww


ただ、この二匹の主観も時々垣間見えるような、そんな感じで描き方としては面白かったです。

九太の独白なんかは、山月記にも似た印象を受けましたね。






<主人公の違い>

映画版の主人公は、九太と熊徹に違いありません。
しかし、小説版は、どちらかと言うと多々良が主人公みたいだなぁと思いました。
だって、やたら多々良の感情が出てるんですよww

それに、憎まれ口を叩きながら成長を見守ってきたのは、熊徹だけじゃないっていうのが、映画よりも伝わりやすかったですね。

そういった点では、目線の違いを見るのには、いい感じ。
どっちも見ておいて損はないかと思いますね。






<映画との違い>

映画との違いは、殆どありません。
補足的に、少しだけ情報が追加されている程度で、基本は原作通りでした。

まぁ、原作・脚本・監督が同じですからねw変わり様がありませんよww

でも、小説版だからこそ出来る表現の仕方や、面白さというのは確かにあって、映画よりも文庫の方が面白いと思ってしまいましたね。
映画版よりもラストにシックリきたという感じです。






先に映画を見ていたのもあって、映像がスッと頭に浮かびやすく、とても読みやすかったです。
基本的に殆どが会話形式で、描写部分が少なかったので、子供にも読みやすい内容になっているのではないかと思います。

映画の感想は、こちら
バケモノの子見てきました 感想・ネタバレ無し

バケモノの子 ネタバレ


まだまだ公開したてなので、是非とも拝見して欲しいですね!
関連記事

<スポンサードリンク>







スポンサードリンク


スポンサードリンク

                           



  • テーマ:感想
  • ジャンル:小説・文学
  • カテゴリ:小説
  • CM:0
  • TB:0
  • コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    リンク

    ブログ内検索

    楽天

    フリーエリア

    プロフィール

    李乃遙夏

    Author:李乃遙夏
    ようこそ。
    管理人の、りのです。
    日々のことを書いていきたいと思っています。
    ゲームやアニメ、漫画も好きなので、趣味が合うなと思った方は、絡んでいただけると嬉しいです。

    こちらに新しいProfileを作りました。
    自己紹介記事へ移動する

    新たにブログを作成しました。こちらもよろしくお願いします。
    ガールズバーで男の娘として働いていた


    ニコ生もやってます。不定期ですが、お時間があれば是非どうぞ
    とりあえず立ち上がって両声類を目指す

    最新記事

    Hulu

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    ニコニコプレミアム登録

    このページのトップへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。