記事一覧


おすすめアニメ情報 「BLACK LAGOON」



ブログを引っ越しました! 詳細はこちら!






ガンアクションは、男の子なら誰もが憧れるものです。
ブラック・ラグーンはそんな男の子のための作品だと言ってもいいと思います。





原作は漫画です。
パチスロなんかも出ているので、知っている人も多いのではないでしょうか。


そんなことは置いといて、紹介をしていきましょう。




<あらすじ>

大きな会社で務めていた岡島緑郎は、海外出張中に海賊に誘拐されてしまいます。
その海賊こそが「ラグーン社」です。
緑郎はなんとか開放してもらえるように努めましたが、会社に「会社のために死んでくれ」と言われ会社と決別。
めでたくラグーン社に就職するのでした。


まぁ、あらすじとしてはこんなところですからね。
話の一つ一つが巨大スペクタクルみたいな内容になっているんで、話の区切りごとにあらすじ書いていかないといけないんですよね。

まぁ、ぶっちゃけると「殺るか殺られるか」ですよねぇ(遠い目)





<ここがいいアニメ>

・ガンバトル
BLACK LAGOONには大量の銃火器が出てきます。
日本警察が見たら、あまりにパクれるんで大喜びするくらいでしょう。
なんで、そうならないかと言うと、登場キャラが悪人だけだからでしょうね。


・悪人しか居ない
この物語に「善人」は出てきません。
偽善者なら出てくるかもしれませんが、結局のところナニが悪人なのかによって見え方が変わってくるのではないでしょうか。
犯罪が悪なら、やっぱり悪人しか出てきませんし、悪人を助けるのが善人ならラグーンは善人かもしれませんけど、他の人間は悪人でしょうね。
でもって、勧善懲悪ものじゃないので、ラグーンも何人殺すんだよくらいに殺しますから、悪人です。


・多彩な言い回し
BLACK LAGOONの人気の1つとしては、その言い回しです。
おおよそ世間の正しいことを「正常位」という単語に置き換えて、「正常位じゃ誰もイケねぇんだよ」とか言うところが痺れますね。
まぁ、実際正常位でイケる人もいるので、あまり突っ込めないですが…ww


・完全にアングラ系
殺人鬼、薬、エロ
これだけで完全にアングラ系だとわかると思いますが、残念ながらエロ本でもエロアニメでもないのがBLACK LAGOONです。
エロい単語も言い回しによって、深い意味をもった話になってきたりするんですよね。


・恋愛要素
この作品の主人公「岡島緑郎:ロック」と「レヴィ」が喧嘩して仲直りをするシーンが有るのですが、そこが素晴らしくいいですね。
タバコでキスとか、作者考えたなっていう感じです。
あれ、素晴らしくいい表現だと思います。


・まぁ、グロいよ
漫画もグロいけれど、アニメもグロい作品ですね。
まぁ、完全にリョナってるわけじゃないので、R15くらいじゃないですか?
作品自体が規制される前の作品なので、ちゃんと描写されているのもいいところですね。






<魅力的なキャラクター達>

上の方に書けばよかったのかもしれませんが、キャラクター一人一人について紹介したかったので別にしますね。

・岡島六島:ロック

Black Lagoon: Complete Set - Season 1 & 2 [Blu-ray] [Import]

この作品の主人公。
元々は日本の商社マンで、この作品の世界だと「いい人」です。
ただ、やっぱりどこか吹っ飛んでるので、時々ぶっ飛んだ計画とかを持ち出しちゃいます。
まぁ、頭以外に取り柄はないですけどね…。


・レヴィ

Black Lagoon: Complete Set - Season 1 & 2 [Blu-ray] [Import]

この作品のもう一人の主人公です。
暴力でしか表現ができない不器用な性格ですが、ロックと過ごしていく中で、少しづつ変化が見えます。
性格はトリガーハッピー。
銃が撃てて旨い酒が飲めればそれでいいって言う感じですね。

声優さんが「豊口めぐみ」さんなんですが、結構低い声で喋るんですよ。
それまで高い声のイメージがあったのでびっくりした瞬間でした。


・ダッチ
ラグーン社のボスの大柄の黒人男性。
元は軍隊に所属していたような過去が見え隠れしているのですが、結構謎の多い男です。
性格は豪放磊落ながらも、慎重に事を進めるところもあって、こいつが上官だったらとりあえずは死ななそうだなぁとか思います。

吸ってるタバコは「アメリカンスピリッツ」
葉が詰まり過ぎてて吸いにくいタバコですが、ダッチの灰皿はいつもパンパンです。


・バラライカ

Kaitendoh - ブラック Lagoon statuette 1/6 Balalaika on Sofa Overseas Version 22

モスクワで猛威をふるうマフィア:ホテル・モスクワの大幹部。
戦争屋で、もともとは旧ソ連の軍隊に所属していました。
戦争に対してすごく思い入れがあるようで、ヘルシングの少佐を彷彿とさせますね。

性格は冷静沈着ながらも、怒らせると怖い女性世界第一位だと思います。

私もそうですが、彼女のファンはとても多いです。


・張さん(ちゃんさん)



三合会(トライアド)に所属するマフィアで元警察官。
バラライカとは、宿敵でありよきビジネスパートナー。
ひょうひょうとした性格なんですが、やることは大胆。

敵がなげてきた手榴弾を蹴り返し、「こういのはビビったら負けだ」とか言い放つ。

今は事務方ですが、昔は武闘派でならしたらしいですよ。



・ロベルタ

BLACK LAGOON ロベルタ -血まみれver.- 1/6スケール ポリストーン製 塗装済み完成品フィギュア

怒らせると怖い女性の第2位。
ロック曰く「現代版ターミネーター」
正体は元テロリストで、その首には莫大な懸賞金がかけられています。

戦闘力は随一で、一人でロアナプラを相手取ったり、アンクルサムに喧嘩をふっかけたり、個人戦績で言えばBLACK LAGOON随一ですね。

メイドを見かけたら即逃げろ! これは鉄則ですね。





<好きな人はとにかく好き>

私もさんざん言って来ましたが、なんでここまでのめり込むのかわからない作品です。
ぶっちゃけて言うと、とりあえず面白いんです。説明が不要なくらいにまずは見てみろっていう作品ですね。

テンポもいいし、言い回しやギャグも一流。

C級映画見るくらいなら、エンドレスでずっと見ていても飽きることのない作品なんですよ。


少年誌的に考えると、この作品はカナリ邪道だと思うんですが、邪道でいいじゃないか!
アングラに興味があるなら、この作品知らなきゃモグリだぞ!

この作品のパロや、言い回しの二次利用は様々なところでお目にかけられますし、これをモチーフにしたなっていう2時創作は見た瞬間にわかります。
それだけ特徴的な作品です。






今回は私のバイブルとも言える作品を紹介しました。
見るものないなぁって言う時は、とりあえず見ておけよっていう作品ですね。







見ないと人生後悔するアニメ!絶対おすすめなアニメたち(随時更新)
関連記事

<スポンサードリンク>







スポンサードリンク


スポンサードリンク

                           



  • テーマ:アニメ・コミック
  • ジャンル:アニメ・コミック
  • カテゴリ:アニメ
  • CM:0
  • コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    リンク

    ブログ内検索

    楽天

    フリーエリア

    プロフィール

    李乃遙夏

    Author:李乃遙夏
    ようこそ。
    管理人の、りのです。
    日々のことを書いていきたいと思っています。
    ゲームやアニメ、漫画も好きなので、趣味が合うなと思った方は、絡んでいただけると嬉しいです。

    こちらに新しいProfileを作りました。
    自己紹介記事へ移動する

    新たにブログを作成しました。こちらもよろしくお願いします。
    ガールズバーで男の娘として働いていた


    ニコ生もやってます。不定期ですが、お時間があれば是非どうぞ
    とりあえず立ち上がって両声類を目指す

    最新記事

    Hulu

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    ニコニコプレミアム登録

    このページのトップへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。