記事一覧


おすすめアニメ情報「勝負師伝説哲也」 麻雀の決定版



ブログを引っ越しました! 詳細はこちら!






勝負師伝説哲也 麻雀


私が麻雀を知る切っ掛けになったのが「勝負師伝説哲也」というアニメと漫画のせいです。

麻雀と聞くと、今だと咲〜SAKI〜が有名になりましたが、あれよりはまだ現実味のある話です。

この作品を知っておくと、麻雀の話題が出た時に取り残されませんし、知っている人も多いので、良い話題作りになります。
もっとも、ここで紹介されている玄人技は使うと一発退場です。

まぁ、自動卓が多くなってしまった今、あまり使えませんけどね…。



<あらすじ>

ギャンブラーを目指す哲也は、新宿で房州とという名の玄人と出合い、玄人として成長していく。
麻雀と新宿といえば、坊や哲と言われるまでに成長した哲也だったが、その眼前には様々な敵が立ちはだかるのであった。


と、簡単に言うと、麻雀で勝負しようぜを地で行く作品なんですが、「玄人」という言葉が出てきます。
この「玄人」というのは、イカサマを使って力を使って勝負に勝つ人たちのことです。

イカサマなんて卑怯だ!と思う方もいるかと思いますが、バレなきゃイカサマじゃないんですよ!




<個性豊かなキャラクター>

哲也に出てくるキャラクターは、主人公の哲也を初め、とても濃い人たちばかりです。

・哲也
この作品の主人公です。
通名である「坊や哲」は、哲也が「坊や」と呼ばれながら育ったところに起因しています。
はじめのうちは、ボコボコにやられるくらいに弱い主人公でしたが、師匠である房州さんと出会うことで力を手に入れて、新宿最強の玄人と言われるまでに成長します。


・房州
坊や哲に玄人としてのイロハを叩き込んだ人物です。
哲也が育つまでは新宿最強といえばこの人だったのですが、自分の玄人としての力が衰えたと見るや、新宿からその姿を消してしまいます。
実は田舎に引っ込んでいたのですが、哲也と麻雀を打ちながらその生涯を閉じるのです。
彼こそ、本当の玄人です。


・ダンチ
最強のお引きと呼び声が高いのが、このダンチです。
リーゼントなので、キャラクターを間違うことがなかなか難しいので、コイツがダンチかってすぐに分かります。
実家はしがない喫茶店をやっていたのですが、とある玄人に両親がカモられて破産してしまいます。
その決着も作中で着けられるので、ぜひチェック!


・印南
「ガン牌」というハイに目印を付けて、有利に運ぶようにする技の使い手。
哲也に麻雀が稼げるということを教えた張本人なのですが、本人は体が持たないと麻雀はやりませんでした。
しかし、ヒロポン(麻薬)を打つことで、驚異的な力を発揮します。
この印南との勝負が、アニメでは一番熱い戦いですね。


その他にも様々な玄人たちが出てくるのですが、アニメは20話までしかないので、これ以上を語ろうと思うと、漫画版にまで手を出さないといけなくなります。

漫画版の方が面白いんですけども、あくまでアニメ情報をお出ししていきたいと思うので、漫画版はまた今度。




<玄人技>

玄人技とは、イカサマのことなんですが、咲みたいに超能力を使うものではありません。
あくまで相手の目を盗んで、やる というのが、玄人技です。

・左手芸
相手の目を盗んで、自分の不要牌と山に積み込んである牌を入れ替える技です。
私も試してみましたが、案外出来ます。
ただ、タイミングが難しい。

・エレベーター
自分が隠し持っている牌と、不要牌を入れ替える技です。
これも、結構簡単にできます。

・キャタピラ
河に捨てられている牌と手牌を入れ替える技です。
基本的に、河はみんなが見ているので、この技は本当に難しいですね。
なかなか出来るものではありません。

・積み込み
自分の積む山に役が出来るように牌を積み込んでいく作業です。
勿論、サイコロの操作もしなければならず、自動卓が主流の今となっては難しいですね。


・ツバメ返し
房州曰く「玄人技の真骨頂」である技で、山の下に天和となるように牌を積み込み、相手の隙をみて一瞬の内に手牌と山を入れ替えるという大技です。
勿論、普通の人がやろうと思っても出来ません。

手牌と山との入れ替えを1秒足らずでやらなければいけない上、崩した瞬間にチョンボです。


・ガン牌
牌に傷や目印を付けて、どれがどの牌かを知るというイカサマです。
どちらかと言うとトランプによく見られる方法ですね。
勿論、牌に傷をつけるのはマナー違反ですので、やらないように。



上記に記した以外にも、玄人技はあるのですが、どれもイカサマです。
そして、再現可能ではあるけれども、再現した瞬間にチョンボです。
麻雀を打つ際は正々堂々やりましょう。

やるなら仲間内でね!



<アニメの感想>

あまり知られていませんが、このアニメが出てきたのは2000年以降なので、比較的新しいアニメです。
そして、声優さんがとても豪華ですね。

置鮎さんを初め、モブにすら名前のある声優さんが使われています。

そして、ただ麻雀を打つだけではなく、当時の設定や、キャラクター達の心情なんかも熱く描かれています。
女性よりは男性向けのアニメといえるでしょうね。

私が一番好きなのは、印南との勝負の回と、最終話前の「ドラ・ドラ・ドラ」です。

私も麻雀は家族麻雀しかやりませんが、弟に3倍マン決めた時は、とても気持ちが良かったですww
もう少し運が良ければ、数え役満だったのですが、仕方ないですねww





<番外編:麻雀は悪?>

麻雀と聞くと、あまりいい顔をされる方は少なくなってきていますが、実は麻雀というのはとあるところで推奨されているゲームなのです。
そのとあるところというのが、医療機関や介護機関です。

麻雀は頭と手を使うゲームですし、役の揃え方も様々にあるので、ボケ予防として高い効果があります。
これは実験でも証明されているので、嘘だと思う方は調べてみてくださいww

なんにせよ、麻雀はゲームです。
そこにお金が絡むので、どうしてもいいようには見えませんが、どんなものにしろお金がかかると、それはゲーム以上のものになってしまいます。

楽しむ際は、お金をかけない。かけても低レート。
あくまでゲームと割り切る 事がとても大切なことではないでしょうか。





勝負師伝説哲也は、私が麻雀を知る切っ掛けになり、また麻雀にのめり込むきっかけになった作品です。
咲なんかよりも、しっかりと麻雀やっているのが、嬉しいところですね。

結構、麻雀用語がバンバン出てきますので、気になったら調べるを繰り返すと、より深く楽しめると思います。

ではでは!


見ないと人生後悔するアニメ!絶対おすすめなアニメたち(随時更新)
関連記事

<スポンサードリンク>







スポンサードリンク


スポンサードリンク

                           



  • テーマ:アニメ
  • ジャンル:アニメ・コミック
  • カテゴリ:アニメ
  • CM:2
  • TB:0
  • コメント

    おひさしぶりです

    よく入院中 マージャンをやらされました。
    東一局で親の国士無双をあがって すっかり「国士の人」で定着してしまい みんなに「国士見せてください」って言われて かなり微妙な気持ちでマージャンをやってた覚えがあります。

    1度 かなりマナーのなってないヤツにイカサマ使ってW役満直撃で飛ばしたことありましたが・・・
    イカサマはやるもんじゃないですね。

    マージャンはみんなで楽しくやるものです。

    ワタクシはもうしませんけどね。

    Re: おひさしぶりです

    指とか動かすのにいいですし、コミュニケーションも広がりますからねww
    スゴイ!!
    私は国士上がったことないんですよね。テンパイまで行っても流れたり流されたり…

    やっぱりそうですよね。
    なにかしら利権が絡まない限り、平で打ったほうが楽しいですからね!

    コメントありがとうございます!w

    コメントの投稿

    非公開コメント

    リンク

    ブログ内検索

    楽天

    フリーエリア

    プロフィール

    李乃遙夏

    Author:李乃遙夏
    ようこそ。
    管理人の、りのです。
    日々のことを書いていきたいと思っています。
    ゲームやアニメ、漫画も好きなので、趣味が合うなと思った方は、絡んでいただけると嬉しいです。

    こちらに新しいProfileを作りました。
    自己紹介記事へ移動する

    新たにブログを作成しました。こちらもよろしくお願いします。
    ガールズバーで男の娘として働いていた


    ニコ生もやってます。不定期ですが、お時間があれば是非どうぞ
    とりあえず立ち上がって両声類を目指す

    最新記事

    Hulu

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    ニコニコプレミアム登録

    このページのトップへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。