記事一覧


警察官が犬に向かって13発発砲した事件について



ブログを引っ越しました! 詳細はこちら!






千葉県松戸市で、女性に襲いかかっている犬に対して、警察官が3人で13発も銃撃を浴びた事件が話題になっています。
正直、このことに対して、違法性はないと主張していますが、完全に判断は間違いであったと思います。

犬は体長120センチの紀州犬ということで、分類としては中型犬に分類されています。

もともとは狩りにも使われることがある犬種であり、そういった側面から発砲は止むを得なかったというところだとは思うのですが、それは誤りであるとおもいます。

勿論、犬での大怪我などは憂慮すべき自体ではあるのですが、それに対しての対策だってキチンとあるわけじゃないですか。

噛まれても良いように、腕を防護して、噛ませている間に保護することも出来たはずですし、編みなどを使って近づかずに捕獲することも出来ました。

そもそも、住宅地で発砲するということは、流れ弾で住人が怪我をする自体も予想できます。


日本という国は、銃のないのが普通です。
それを犬に対して、簡単に発砲するというのは、銃に対しての考え方が甘いと言ってもいいくらいのものです。


そして、飼い主の目の前で犬を射殺するというのは、とても残酷なことです。
音に対して、動物は非常に敏感ですので、威嚇で一発撃つだけでも効果があったと考えられます。
殺す必要はなかった。

これが私の結論です。

なにか起こった時に、簡単に銃を抜く。
そんな警察官が増えてしまえば、我々は安全を守られているのか、安全を強制されているのかがわからなくなります。
今度の事件で、警察官がそれなりの処罰をされることを望みます。
関連記事

<スポンサードリンク>







スポンサードリンク


スポンサードリンク

                           



  • カテゴリ:意見
  • CM:0
  • コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    リンク

    ブログ内検索

    楽天

    フリーエリア

    プロフィール

    李乃遙夏

    Author:李乃遙夏
    ようこそ。
    管理人の、りのです。
    日々のことを書いていきたいと思っています。
    ゲームやアニメ、漫画も好きなので、趣味が合うなと思った方は、絡んでいただけると嬉しいです。

    こちらに新しいProfileを作りました。
    自己紹介記事へ移動する

    新たにブログを作成しました。こちらもよろしくお願いします。
    ガールズバーで男の娘として働いていた


    ニコ生もやってます。不定期ですが、お時間があれば是非どうぞ
    とりあえず立ち上がって両声類を目指す

    最新記事

    Hulu

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    ニコニコプレミアム登録

    このページのトップへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。