記事一覧


悪の教典マンガ版が結構なボリューム



ブログを引っ越しました! 詳細はこちら!






2010年に発売され、映画化もされた「悪の教典」




私は原作も読み、映画版も見ました。
感想としては、まぁまぁまぁという感じ。

どこかしら違和感も感じたりはしたんですけれどもねww

でも、結局ふにおちない結末だなぁと思っていたんですよ。
どちらも、「蓮見が逮捕されたその後」がなかったからですね。

作者としては、その後を想像していただきたいみたいな意図があったんじゃないかと思うんですよね。


でも、今回のマンガ版では、最終巻で蓮見に対する判決までが描かれました。




なかなか想像通りの結果に終わって、私としては大満足な感じですww


もともと、マンガ版の悪の教典は、どこか映画版のビジュアルを意識していたところがあるので、正直期待はしていませんでしたww

でも、ちゃんと原作通りの流れから、今まで読んできた人たちの腑に落ちるような結末が描かれて、しかもそれがボリューム的にも大きいんですよねww


もしも、小説を読むのが苦手だなという人は、マンガ版に手を伸ばしてみてくださいw



ただ、決行なグロ描写もあって、なかなか気にいる人はサイコな人だと思いますw
私自身がそうですからねww


久々に、いいなぁと思う作品でしたww
関連記事

<スポンサードリンク>







スポンサードリンク


スポンサードリンク

                           



  • テーマ:漫画の感想
  • ジャンル:アニメ・コミック
  • カテゴリ:漫画
  • CM:0
  • コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    リンク

    ブログ内検索

    楽天

    フリーエリア

    プロフィール

    李乃遙夏

    Author:李乃遙夏
    ようこそ。
    管理人の、りのです。
    日々のことを書いていきたいと思っています。
    ゲームやアニメ、漫画も好きなので、趣味が合うなと思った方は、絡んでいただけると嬉しいです。

    こちらに新しいProfileを作りました。
    自己紹介記事へ移動する

    新たにブログを作成しました。こちらもよろしくお願いします。
    ガールズバーで男の娘として働いていた


    ニコ生もやってます。不定期ですが、お時間があれば是非どうぞ
    とりあえず立ち上がって両声類を目指す

    最新記事

    Hulu

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    ニコニコプレミアム登録

    このページのトップへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。