記事一覧


ガンダムのリスペクト「機動戦士ガンダムSEED」



ブログを引っ越しました! 詳細はこちら!






ガンダムの平成版に当たるのが「ガンダムSEED」です。
話自体は違うものの、ガンダムに似ているところやキャラクターの経緯なんかが、ガンダムのストーリーと酷似していますw




ストーリーは、たまたま見つけたガンダムストライクに、登場したキラが、コーディネーターとノーマルの垣根を越えてザフトと戦うという物語。
コーディネーターと言うのは、遺伝子操作をされた新しい人種で、ニュータイプと同じように直感力に優れ、モビルスーツに搭乗するために生まれたような存在ですね。

さすがに初代ガンダムほど名言という名言こそありませんが、平成に入ってからガンダムといえば「ガンダムSEED」でしたね。

オープニングやエンディング・挿入歌に至るまで名曲が多いです。


T.M.Revolutionのオープニングが今でも印象的ですねww
ちなみに、私がT.M.を知ったのも、これが切っ掛けでしたw


キャラクターは平井 久司さんで、その後「蒼穹のファフナー」というアニメーションにも携わっているのですが、キャラクターがまんまで笑った思い出がありますw





<登場人物>

・キラ・ヤマト

G・E・Mシリーズ 機動戦士ガンダムSEED キラ・ヤマト

この物語の主人公。続編である「機動戦士ガンダムSEED Destiny」の主人公を乗っ取るくらいまで主人公しています。
最初の頃はワガママで、なぜ自分が戦争で戦わなければいけないのかと「アムロ」と似たようなことを考えていましたが、出会いや別れや戦いを通して、成長していきます。

最終的には「それでも守りたい世界があるんだ!」とラスボスを倒します。


・アスラン・ザラ

キャラクタースタジオ 機動戦士ガンダムSEED DESTINY アスラン・ザラ

キラの親友にして、ザフトのエースパイロットです。
最初はキラと決別してライバルとなってしまいますが、ラストでは協力してくれます。

初代ガンダムで言えば、仮面をつけてる奴がライバルなんですが、この子は仮面をつけていません。

アスランにまつわる逸話もそこまでありませんので、本当に「キラの親友でライバル」というポジションにしか座れない案外不憫な子ですww



・マリュー・ラミアス

ビークラブ ガンダムヒロインシリーズ ガンダムヒロインシリーズ17 マリュー・ラミアス 完成品

連邦軍母艦「アークエンジェル」の艦長。
そもそも艦長になる人物ではなかったのですが、襲われた際に上官が全員死亡。
止む無く艦長となり、全員に指示を飛ばす形となりました。

正確は、温和で優しく、キラにとってはお母さんのような人物と言っても過言ではないでしょう。



・ナタル・バジルール

B-CLUB 1/7 scale ポリストーン製塗装済完成品 ナタル・バジルール

アークエンジェルの副官。
正確はとても強気で、誰に対しても厳しく、優しさはあまり目立ちませんでした。

その後、アークエンジェルを降りて、別の艦へと移動してしまいます。
しかし、最後はアークエンジェルを助けるために、自ら艦を抑えこみローエングリン砲を受けて死亡。
言ってしまえば、優しくない「マチルダさん」ですね。

活躍も後半になってからだったので、嫌いになる人が多かったんじゃないでしょうか。



・ムウ・ラ・フラガ

ガンダム ワールド コレクタブル フィギュア Vol.4 - ガンダムSEED ムウ・ラ・フラガ

地球連合軍所属のMA・戦闘機パイロットで、正確はヒョウヒョウとしてプレイボーイ。
しかし「エンデュミオンの鷹」の異名をもつ凄腕で、パイロットとしてはピカイチ。

初めて乗ったストライクでも、余裕で戦果を上げてくる憎めない人です。

しかし、最後はアークエンジェルを庇ったことで、行方不明というか、戦死扱いです。



・ラウ・ル・クルーゼ

【 ガンダム デュエルカンパニー 03 】 R4 ラウ・ル・クルーゼ ザフト 《 GUNDAM DUEL COMPANY 》 GN-DC03 PL 006

今作のマスクにしてラスボスです。
その正体は、ムウの父親のクローンで、ムウとは出会うたびに衝突していました。

最終的に、キラに討たれる形で死亡。

仲間が死んでも案外ドライであったりと、仮面勢の中では、人間性に問題のある人物に間違いないですね。



・カガリ・ユラ・アスハ

RAHDX カガリ・ユラ・アスハ 機動戦士ガンダムSEED

中立国オーブの元首の娘。
正確は、強気で、最初こそキラとは衝突していたりもしました。
しかし、オーブが自爆する際に、父親から真相が明かされ、キラとは兄弟であることが判明したのです。

自身もパイロットとして搭乗したりするなど、活発な娘です。
SEEDの中では、結構男性ファンを獲得しています。



・ラクス・クライン

エクセレントモデル RAHDX ガンダム・アーカイブス サイド5 ラクス・クライン

ザフトの最高評議会議長の娘で、今作のヒロインとなります。
立場的にはカナリ危ない立ち位置に居るはずなのに、アークエンジェルに助けられたり、ザフトに戻ったり、キラを助けたりと、中立的な動きをします。

美しい声を持つ歌姫としてアイドル的なこともやっていますので、人気者なんですね。

ゲームでは、彼女をモチーフとしたザクが搭乗し、通常のザクを上回る性能と攻撃方法から「ピンクの悪魔」としての異名もゲットしています。

あの機体は、強かったですね…w(トラウマ)






<登場モビルスーツ>

・ストライクガンダム

HG 1/144 GAT-X105A エールストライクガンダム (機動戦士ガンダムSEED)
エールストライク

MG 1/100 GAT-X105 ランチャー/ソードストライクガンダム (機動戦士ガンダムSEED)
ソードストライク

MG 1/100 GAT-X105 ランチャー/ソードストライクガンダム (機動戦士ガンダムSEED)
ランチャーストライク

キラが初めて搭乗した連邦軍の量産型ガンダムの試作機の一つ。
パーツを換装することで、近距離・中距離・長距離に対応できて、バランスに優れた機体となっています。

長距離のビーム攻撃は絶大で、戦艦一つを落とすのもラクラクです。
個人的には、近距離のビームサーベルが大好きですけどもねw



・イージスガンダム

MG 1/100 GAT-X303 イージスガンダム (機動戦士ガンダムSEED)
通常モード

MG 1/100 GAT-X303 イージスガンダム (機動戦士ガンダムSEED)
可変後

アスランが乗る赤い機体。
可変型のガンダムで、正直あんまりいい兵装はしていません。

しかし、可変して相手を捉える事ができたり、そのまま自爆することでストライクを葬るなど、案外仕事をした子です。



・ブリッツガンダム

HG 1/144 R-04 GAT-X207 ブリッツガンダム (機動戦士ガンダムSEED)

試作されたガンダムの一つで、ミゲルが乗り込んでいた機体。
その性能はとても高く、正直試作された5つのガンダムの中で一番強いんじゃないかと思うくらいです。
退場は結構早かったですけどもね…。

腕からワイヤーを伸ばして相手を攻撃することが出来たり、戦法的には中距離に特化したガンダム。
しかし、真の能力は、光学迷彩によって一時的に姿を消す。この時、ジャミング機能も働くのでロックも消え去ります。

正に、ガンダムWのガンダムデスサイズみたいな機体ですね。

ゲームで出てくると一番鬱陶しい相手でした。



・フリーダム

HGCE 192 1/144 フリーダムガンダム (機動戦士ガンダムSEED)

キラのストライクの後継機ですね。
基本性能は、全作品の中でも指折りの実力で、兵装も多彩。
単騎で、近〜長距離の戦闘をこなし、Destinyでは更に強化されるなど、平成の青い悪魔と言えばこの機体ですね…。
フォルムもとてもカッコイイです。



・ジャスティス

HG 1/144 R-14 ZGMF-X09A ジャスティスガンダム (機動戦士ガンダムSEED)

フリーダムと同時に開発された機体で、バランスに優れ、キックを放つなど機動性がとても高いガンダムです。
フリーダムほど圧倒的ではないにしろ、最終局面で出てきた機体に恥じない性能を秘めています。

パイロットはアスラン。


ROBOT魂 機動戦士ガンダムSEED [SIDE MS] ジャスティスガンダム 約140mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

ファトゥム-00と言う専用のリフターを装備し、背中につけることで攻撃力や機動性を増したり、単体でそれを相手にぶつけたり、地上では上に乗るなどして、更に機動性を高める機体になります。



・プロヴィデンス

HG 1/144 R-13 ZGMF-X13A プロヴィデンスガンダム (機動戦士ガンダムSEED)

ラウ・ル・クルーゼが最終局面で搭乗した機体。
大量のドラグーン(ファンネル)を装備しており、中〜長距離を得意とする機体です。

その圧倒的なファンネルはもはや数の暴力。
ゲームでも、コストに見合わない戦果を上げ、かなり手こずらされたのを覚えています。

兵装は多くないものの、とにかくファンネルの量が異常。
プルやハマーン様ですら、開いた口がふさがらないくらいには積んでるんじゃないでしょうか。




・アークエンジェル

EX 1/1700 アークエンジェル

連邦軍の新型母艦の試作機として作られた母艦で、ザフトからは「足つき」という異名で呼ばれました。
画像を見てもらえれば分かる通り、MSハッチが足のようですねw
とりあえず、他の母艦よりも形状がちょっとカッコイイ感じですw

戦闘力はそこまで高くないので、何回も追いつめられて入るのですが、そのたびにしぶとく頑張っている母艦ですね。







ガンダムSEEDは、平成ガンダムの中では間違いなく名作の1つです。
ストーリーも初代ガンダムをリスペクトしていますしね。

ガンダムを知らない人が見ても、楽しめる作品になっています。

勿論、初代ガンダムとは違ったところも多々あるので、よりガンダムに詳しくなりたい方は、ぜひ初代ガンダムを見て欲しいですね!


続編であるガンダムSEED Destinyは、よほどSEEDが好きでもなければ見なくてもいいと思います。
なぜなら、主人公が糞だから。
そのクズっぷりに、主人公交代までありますからね…。
ネタかよ…ww

そんなこんなな、ガンダムSEEDの紹介でした!



母さん…僕の…ピアノ…


見ないと人生後悔するアニメ!絶対おすすめなアニメたち(随時更新)




関連記事

<スポンサードリンク>







スポンサードリンク


スポンサードリンク

                           



  • テーマ:アニメ
  • ジャンル:アニメ・コミック
  • カテゴリ:アニメ
  • CM:2
  • コメント

    いや、プロビのドラグーン端末は背中のサイタマのトゲトゲの部分の10基だけなんで、キュベレイ(12基)のが積んでますよ

    端末が多砲型なんで十字放火で撃つと網みたいにビームが広がるってだけです。大量のビットでよってたかってうちまくるわけじゃない

    通常サイズのMSでビット端末が最多なのはゲーマルクで30ちょいつんでる

    うーん、ただプロビみたいに多砲塔だと、ビームを一点に集中できないから基本的に無駄弾が大量に発生するから
    まわりに友軍機が沢山いる状況だとどうみても危険なんですよね
    一対一でもビームがいっていの範囲に集中させたりできないから、仕組み的にみれば回避不能な飽和攻撃しかけられないし


    あきらかにザフトが一発逆転のためにできるだけ1対多のために作ったドラグーンだとおもう

    Re: タイトルなし

    なるほどなるほど。
    いやいや勉強不足でした…。

    ご指摘ありがとうございます!

    コメントの投稿

    非公開コメント

    リンク

    ブログ内検索

    楽天

    フリーエリア

    プロフィール

    李乃遙夏

    Author:李乃遙夏
    ようこそ。
    管理人の、りのです。
    日々のことを書いていきたいと思っています。
    ゲームやアニメ、漫画も好きなので、趣味が合うなと思った方は、絡んでいただけると嬉しいです。

    こちらに新しいProfileを作りました。
    自己紹介記事へ移動する

    新たにブログを作成しました。こちらもよろしくお願いします。
    ガールズバーで男の娘として働いていた


    ニコ生もやってます。不定期ですが、お時間があれば是非どうぞ
    とりあえず立ち上がって両声類を目指す

    最新記事

    Hulu

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    ニコニコプレミアム登録

    このページのトップへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。