記事一覧


近未来SF 警察 群像劇「PSYCHO-PASS」凶悪犯じゃないよ!



ブログを引っ越しました! 詳細はこちら!






ノイタミナのオリジナルアニメとして制作された「PSYCHO-PASS」



初めて見た時は、また何か始まったぞと言う感想でしたよ。
そもそも私はモノホンのサイコパスにいささか興味がありましたので、サイコパス診断なんかも好きだったので、この手のものを題材にした奴は表現の範囲の狭さからあまり好きじゃなかったんですよね。

でも、脚本見て震えましたね。
「虚淵玄」

直感しましたね。
あぁ、このアニメは救いも慈悲もないアニメになるだろうってね。

「虚淵玄(ニトロプラス)」の脚本は、大体が陰鬱としていて、上げて落とす戦法がスゴイんですよ。
大概煮え切らないエンドになるんですけどもね。

ニトロプラスが手がけた脚本で有名なところといえば、「月姫」「フェイト」「魔法少女まどか☆マギカ」「がっこうぐらし!」等でしょうね。
どれも、名作として人気のある作品ですし、「がっこうぐらし!」を見ている人も多かったのではないでしょうか。

予想通り、救いのない最高のアニメーションになっていましたww






<ストーリー・世界観>

舞台は近未来の日本。
シビュラシステムという電脳によって人々の細やかなデータを元に、その人にあった職業やアドバイスが与えられる世界です。
そして、一番のシステムが「サイコパス判定(色相チェック)」
機械が設定した「犯罪係数」を超えてしまった人は、犯罪を起こすであろう「潜在犯」として拘留・拘置され、最悪の場合はその場での「処刑」もありうるというシロモノです。

そんな世界で、優秀な成績を収めた常守朱は、警視庁第一課に所属し、監視官として潜在犯を追っていくというのがストーリーです。

監視官は、執行官という「潜在犯による警察機構」を抑制しながら指示をだす人です。
そして執行官は「潜在犯でありながら、社会に貢献するということで仮初の自由を与えられた人たち」のことですね。

警察と言う嫌でも犯罪に関わってしまう人たちは「犯罪係数」が上がりやすくなってしまいます。
それを少しでも抑えるために、もともと「潜在犯」である人間を主に使うというわけですね。

そして、常森朱音は潜在犯を追っていく内に、犯罪を犯しても色相チェックに全く引っかからない「特別体質」の人間である槙島聖護と出会い、彼を追っていく内にシヴビュラシステムの正体にも迫っていくという物語です。








<キャラクターたち>

・常守朱(つねもりあかね)


このお話の主人公で、重要なキーパーソンです。
学校で優秀な成績を収め、どこの企業に対してもA判定というとても優秀な人間なのですが、警察という犯罪係数が上がりやすい職を選びます。

しかし、犯罪係数はなかなか上がらず、常にセーフラインをキープするなど、一番良く出来た人間であることが伺えます。
もっとも、流石に友人が殺害された時などは、上がりましたけれどもね。



・狡噛慎也(こうがみしんや)


元監視官で、現在執行官のもう一人の主人公。
その鍛えぬかれた体と、頭の回転の速さから一番最初に槙島聖護の存在に気づき、彼の特別体質にも早々とたどり着いた人物です。
ドミネーターでは槇島をさばくことが出来ないことに気づくと、警察から脱走し、単身で槇島を殺害しようと動き回ります。


・宜野座伸元(ぎのざ のぶちか)


常森朱音の上司で、監察官。
仏頂面で、どことなく嫌味な感じがするやつですが、その実優しい一面も見せています。
本人は、自身の色相が曇っていくことを大変危惧しており、父親のように潜在犯になるのをカナリビビっています。

頭のキレと統率力は狡噛慎也にも劣るとも勝らないもので、一課を率いていく重要なポストに居ます。
ただ、みんなからは少々怖がられているのですが、常守が狡噛のようになってしまわないかと気を回していたりもするのです。

一部では、宜野座×狡噛の同人誌なんかも出回っていますね…。
私は読んだことありませんけどもね…w



・槙島聖護(まきしましょうご)


この物語に搭乗する悪のカリスマ。
自身は、色相チェックで犯罪係数が全く上がらない「免罪体質」の持ち主。
それによって、孤独を経験したことから、シビュラシステムの存在に疑問をいだき、シビュラシステムの解明と破壊を目的に行動するテロリストです。

槇島は、リアルで言うところのサイコパスで、息をするように人を殺すような性格をしています。
でも、言っていることには一部正論があって、なかなかに頭が切れる人間でもあるのです。

今一歩のところで、失敗してしまいますが、シビュラシステムが何なのかを突き止めることには成功します。

同人誌においては、狡噛とのカップリングがとても多いですね。
かたやテロリスト、かたや警察という相反するものが、淑女たちの格好の的だったのでしょうね。






<シビュラシステム>

シビュラシステムは、30年ほど前に導入されたシステムで、人々の犯罪係数を測定して、犯罪が起こる前の抑止力となるために作られたシステムです。
しかし、シビュラの判断は機械の判断であることと、潜在犯であると認識されてしまえば、一生を牢獄や更生施設で過ごさなくてはならず、また犯罪係数を上げてしまうような作品に対しても人々が過敏になってしまうという危うさも秘めています。

それでも紆余曲折ありながら、今ではライフラインの制御など重要な作業も行うことから、なくてはならないモノになってしまったのです。

その正体は、免罪体質と呼ばれる人間たちの「脳」を機械的に並列化することで、コンピュータとしての役割をもたせ、それら全員の総意をもって犯罪係数を決めているシステムです。



人の脳を並列化するというところが、すごくSFですね。
他にも似たような話は多くありますし、話が半分切ったくらいで大体予想はついていました。






<感想>

冒頭でも言った通り、初めて目にした時は、なんだこの作品だったわけですが、見てみるとなかなかに面白いアニメでした。
まあ、私が面白いと判断するのは、熱いか思いっきり救いがないかのどちらかなんですけどもねww

このアニメは「思いっきり救いがない」方のアニメですねww

シビュラシステムという機械じゃないけれども機械に支配された近未来という舞台。
警察という犯罪にまつわるエピソード。
期待を裏切らない救いのない群像劇。

どれをとっても流石としか言いようのない救いの無さですw



ドミネーターもなかなか機械を見ている人にとっては熱いものですね。
ニコニコ動画で作ってみた動画が上がって、一時期ランキングを騒がせましたw
ちゃんと変形するように作られていたからすごかったですね…。

残念ながら一般に発売されているドミネーターは変形しませんし、しゃべりません。




PSYCHO-PASSは第二期も制作されましたが、第二期はあんまりでしたね。
第一期ほど熱くさせられる物はありませんでしたし、おおよそ予想通りの展開をするものだから、先が見えちゃってるんですよね。
一課の人間が半数以上死んでいたら、それはそれで面白かったのかもしれませんが、なまじハッピーエンドにすると今までの株がトコトン下がるなっていう感じですね。


見るなら1期だけにしとくのがベストですね。



見ないと人生後悔するアニメ!絶対おすすめなアニメたち(随時更新)

関連記事

<スポンサードリンク>







スポンサードリンク


スポンサードリンク

                           



  • テーマ:アニメ
  • ジャンル:アニメ・コミック
  • カテゴリ:アニメ
  • CM:0
  • コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    リンク

    ブログ内検索

    楽天

    フリーエリア

    プロフィール

    李乃遙夏

    Author:李乃遙夏
    ようこそ。
    管理人の、りのです。
    日々のことを書いていきたいと思っています。
    ゲームやアニメ、漫画も好きなので、趣味が合うなと思った方は、絡んでいただけると嬉しいです。

    こちらに新しいProfileを作りました。
    自己紹介記事へ移動する

    新たにブログを作成しました。こちらもよろしくお願いします。
    ガールズバーで男の娘として働いていた


    ニコ生もやってます。不定期ですが、お時間があれば是非どうぞ
    とりあえず立ち上がって両声類を目指す

    最新記事

    Hulu

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    ニコニコプレミアム登録

    このページのトップへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。