記事一覧


知らなきゃよかったノロウィルス



ブログを引っ越しました! 詳細はこちら!






さてみなさん。もうそろそろ冬が近づいていますが、冬の季節は気をつけなきゃいけないアイツが現れます。

ノロウィルスさんです!

ノロウィルスは一般的に食中毒の原因ともなっており、感染すると、発熱に加えて、下痢や嘔吐、そして耐え難い腹痛が襲ってきます。
基本的に感染は経口感染ですが、ほこりやチリに付着して経口感染などがアリますので、手洗いが推奨されます。

もしも感染した可能性のある人が居る場合は、嘔吐物や吐瀉物には極力触れず、トイレなどはアルコール除菌を心がけましょう。
また、下痢などでかなり脱水しますので、経口飲料水などを多くとって、脱水症状にならないようにしてください。

残念なことに、ノロウィルスに関して有効な治療方法は「安静にする」以外にありません。
お薬も開発されていないので仕方ありません。
あまりに痛い場合は、病院で鎮静剤や点滴などの処置をしてもらいますが、基本的に自己治癒能力に頼るしかありません。

対策は、水分を多くとることで脱水症状を防ぎつつ、栄養バランスに優れた食事を取ることが望まれます。
また、汗をかくことで、体の熱を冷ます役割もしているため、汗はかくほうがいいです。

お風呂は諦めてください。
4℃では8週間程度、20℃で3~4週間生存するとされているため、たかだか40℃のお湯に入っただけでは、その後の二次感染が警戒されます。




<感染経路>

感染経路は、主に食材です。
多く言われているのは、牡蠣ですね。

時期的に牡蠣鍋などが美味しい時期ですが、よく熱した状態で食べるようにしてください。

牡蠣には、調理用と生食用がありますが、生食用はかなり厳しくチェックをされているので、調理用の場合でも、生食用の牡蠣を選んだほうが危険度は低いです。

と言うのも、知りたくないとは思うのですが、生食用ではない牡蠣には、うんちがそのまま詰まった状態で出荷されていることもあるのです。
ここがノロウィルスの発生源なんですね。

食べ物以外からも、人から人へ感染します。
基本的に、飛沫感染はありませんが、嘔吐物などから菌がホコリ等に乗って感染することがありますので、感染者・非感染者ともに手洗いを徹底するようにしてください。

より詳しい対処法はこちらをどうぞ。





<自らの経験>

私も、ノロじゃないかと疑いたくなるような症状に見舞われたことがあります。
基本的には、腹痛なんですけれども、吐き気がスゴイんですね。

あと、下痢も滝のように流れでるんですよ。

食欲もなくて、あまり食べられないのに、吐きたい気持ちだけはあって、何度もトイレに行ってましたね。

勿論、そのあとでアルコールで便器を毎回掃除していましたが…。

私もそうでしたが、多くの場合は2~3日程度で完全に回復します。
辛いのは発症してから1日目だけです。
ただしかなり辛い。

小さい子供や、高齢の方が感染した場合は、免疫力も高くありませんので、長引くことがあります。
そして脱水症状を併発します。

とにかく水を浴びるほど飲みました。
ノロウイルスで一番怖いのは脱水症状ですので、それだけはなんとかしなければ行けなかったのです。

治ったあとは、自分でも驚くくらい食欲が回復しました。
さすがに潜伏期間もあるためその後3日くらいは、家から極力出ませんでしたが、食欲が戻って吐き気がなくなったら治ったと思っていいんじゃないでしょうか。

その後3日間は予後観察です。
お風呂もすぐに入るのは控えましょう。

風呂は入れなかったので、ボディシートで体を拭いていました。
流石に3日間は辛かったですよ…。髪の毛的に…。

あの時、自分が何を食べて感染したかは覚えてないんですけども、魚介系の食事を取った後だったと思います。
と言うのも、発症したのが食べてから結構後だったので…。

3~4日前の食事を思い出して、思い当たるのがあれば病院へと言う感じですね。

まぁ、これからの季節、確実に奴らは襲ってきます。
今年は感染する予定はないのですが、万が一の時のことも考えて、しっかり手洗いをオススメします。





<予防・対策>

感染しないことにこしたことはありません。
しっかりと予防したり、感染してしまった場合の対策をしなければ、感染拡大につながってしまうので、注意しましょう。



・手洗い



ノロウイルスにかかわらず、インフルエンザや風邪などの予防にも繋がるのが手洗いです。
基本的にウイルスの多くは「経口感染」が多いので、食べ物を食べる場合に使う「手」は清潔にしておく必要があります。

何回もすると荒れてしまいますが、「外から帰った時」「トイレをした後」「ごはんを食べる前」は、ハンドソープや石鹸を使って、しっかりと除菌してあげてください。

これだけでも、感染するリスクは大幅に下げられますので、やらないほうが損ですね。




・湿気を多くする




冬はどうしても乾燥してしまう季節です。
乾燥すると、チリなどの目に見えないゴミが、飛び回りますので、ウイルスはそこから口などに入って感染しようとしてきます。
そういったことを避けるために、一応加湿器などで湿度を保っておくことも必要です。

暖房などを入れると、ますます乾燥してしまうので、ホコリが舞いやすい環境になっています。

加湿器がない場合や台所などでは、ヤカンやお鍋に水を入れて沸騰させておくだけでも、すこしの加湿能力がありますw
お試しあれw




・アルコール除菌




とにかく滅菌を気にするのであれば、アルコールでの除菌も効果的です。
タオルタイプなどだと、そのまま手を拭いたり、食台を拭いたり、盛り付ける前にお皿を拭いたりと、使える幅が広まるのでおすすめです。


感染した場合も、こういったもので便器を拭いてあげれば、感染拡大の防止にも繋がります。


ただし、手を拭きすぎるのには注意してください。
アルコールにはアレルギー反応もありますし、体に必要な菌までも滅菌してしまう可能性がありますので、逆に感染のリスクを上げてしまう場合もあるのです。

適度に使うように心がけてください。




・トイレを清潔に保つ




家族に感染者がいる場合の主な感染源は「トイレ」です。
ただでさえトイレには菌がいっぱい居ますので、ノロウイルスなどの感染時には、トイレをしっかりと綺麗にしてあげる必要があります。

液体タイプは、酸性とアルカリ性があるので、混合に注意してください。
誤ってしまうと、硫化水素が発生して、大変なことになってしまいます。

お手軽なのはシートタイプの物を使うことですね。


トイレ掃除をした後は、しっかりと手洗いをすることも忘れてはいけません。



・水分補給




ノロなどの胃腸系のウイルスに感染した場合に一番怖いのは脱水症状です。
汗は勿論ですが、下痢によって体内の水分が大きく失われます。

こういった場合は、アクエリアスよりも塩分濃度のすこし高めのポカリスエットがおすすめです。
売っているところは少ないですが、「OS1」という傾向飲料水もおすすめですね。






水分と一緒に塩分も失われていきます。
水ばっかりを摂り過ぎると、ナトリウム欠乏症。いわゆる「水中毒」になってしまうこともありますので、塩分を取りつつ水分を補給しなければいけないという所がミソです。

また塩分を含んでいると、浸透性も高くなるので、通常の水よりも吸収が早いです。

感染した場合は、普段よりも多く水分を補給する。
コレに限ります。





<絶対に使ってはいけないもの!!>


・下痢止め




下痢になったからといって、下痢止めを使っては行けません。

下痢というのは、体外へウイルスを吐き出す行為ですので、それを止めてしまうと症状が長引くこともあり、合併症の発症にも一役買ってしまう事になります。

辛いとは思いますが、絶対に下痢止めは使ってはいけません!

日常生活の中で使う分には問題はありませんが、感染した場合は即刻使用を中止して、大人しくトイレに篭りましょう。
そのほうが治りも早いです。







とにかく、感染しないことが一番です。
手洗いをしっかりとして、食材などもしっかりと水で洗って加熱処理を施しましょう。


関連記事

<スポンサードリンク>







スポンサードリンク


スポンサードリンク

                           



  • テーマ:健康
  • ジャンル:心と身体
  • カテゴリ:健康
  • CM:0
  • コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    リンク

    ブログ内検索

    楽天

    フリーエリア

    プロフィール

    李乃遙夏

    Author:李乃遙夏
    ようこそ。
    管理人の、りのです。
    日々のことを書いていきたいと思っています。
    ゲームやアニメ、漫画も好きなので、趣味が合うなと思った方は、絡んでいただけると嬉しいです。

    こちらに新しいProfileを作りました。
    自己紹介記事へ移動する

    新たにブログを作成しました。こちらもよろしくお願いします。
    ガールズバーで男の娘として働いていた


    ニコ生もやってます。不定期ですが、お時間があれば是非どうぞ
    とりあえず立ち上がって両声類を目指す

    最新記事

    Hulu

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    ニコニコプレミアム登録

    このページのトップへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。