記事一覧


禁止用語について



ブログを引っ越しました! 詳細はこちら!






以前、こんな記事を書かせていただきました。

放送禁止用語とはなんなのだろうか


この記事は、市原悦子さんが番組内で「放送禁止用語」を使ったことをNHKが謝罪をしたという記事を読んだ感想を書かせていただいたものです。



そこで気になる検索ワードに「禁止用語 使ってはいけない」と言う物があったので今回の記事を書かせていただこうと思いました。


禁止用語を使ってはいけないのかどうかということなのですが、ぶっちゃけ使っても良いのです。
と言うのも、あくまで「放送」禁止用語とされているもので、基本的にはNHKがBPOなどとの合議で決めているものです。

「放送禁止用語」に設定されているものというのは、卑猥的や差別的など、不特定多数の人物が見ているテレビというものだからこそ、番組内で人を不快にさせないようにということで設定されています。



言葉自体には、罪はありませんし、悪意をもって言わないのであれば、それはただの言葉でしかありません。
しかし、差別的に生まれた言葉などは、特に「放送禁止用語」に設定されていると言ってしまってもいいでしょう。



上記リンクの中でも書いていますが、私が普段から気をつけている言葉としては、キチガイや外人といった言葉ですね。

外人などは、悪意をもっているとは思いませんが、それでも気をつけたほうが良いのではないだろうかというところで気をつけています。

キチガイに関しては、もともとは「気が触れた」や「気が違った」というところからの派生で、差別的な意味合いが強い言葉になっています。



あくまでも「放送禁止用語」とは、不特定多数の人間に対して発言を流せてしまうテレビだからこそ設定されているもので、個人的に特定の人間と会話する場合に使ってはいけないのかというと、そういうことではありません。

舞台などをWOWOWなどで時々放送していますが、そうした場合は注意のテロップを出しています。
それは、舞台の時代背景や、設定などを考慮しているためです。

また、言葉は時代を表していると言っても過言ではありません。


私自身、記事の中では批判的なことしか書いていませんが、どうも補足不足だったと思ったためにこの記事を書かせていただきます。


再三に渡っていいますが、「放送禁止用語」はあくまでもTVに限った話であって、個人にまで影響を与える程のものではありません。
流石に、こういうブログに関しては、禁止用語などを考慮すべきかとも思いますが、個人に限っては「発言の自由」もありますので、気にすることはありません。


関連記事

<スポンサードリンク>







スポンサードリンク


スポンサードリンク

                           



  • テーマ:ブログ
  • ジャンル:ブログ
  • カテゴリ:テレビ
  • CM:0
  • コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    リンク

    ブログ内検索

    楽天

    フリーエリア

    プロフィール

    李乃遙夏

    Author:李乃遙夏
    ようこそ。
    管理人の、りのです。
    日々のことを書いていきたいと思っています。
    ゲームやアニメ、漫画も好きなので、趣味が合うなと思った方は、絡んでいただけると嬉しいです。

    こちらに新しいProfileを作りました。
    自己紹介記事へ移動する

    新たにブログを作成しました。こちらもよろしくお願いします。
    ガールズバーで男の娘として働いていた


    ニコ生もやってます。不定期ですが、お時間があれば是非どうぞ
    とりあえず立ち上がって両声類を目指す

    最新記事

    Hulu

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    ニコニコプレミアム登録

    このページのトップへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。