記事一覧


ファーストガンダムから学べ!様々なことを!



ブログを引っ越しました! 詳細はこちら!






あんまりにも更新がないので、みんな私のことなんか忘れてんじゃないか…?!
そんなことを思いつつ今日もキーボードを滑らせる毎日ですが

今回はまた「ガンダム」の話題をぶっこみたいと思います!!
なんでまたガンダムだよって思うかもしれませんが…

動画で「嵐にしやがれ」を見たら書きたくなっちゃったんだからしょうがないじゃないか!!


劇場版機動戦士ガンダム1-1



以前にもこのブログではファーストガンダムをはじめ、色々なガンダム作品を紹介してきました。

見て欲しいアニメ作品「機動戦士ガンダム」

ガンダムのリスペクト「機動戦士ガンダムSEED」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズが、BPOに何かしら言われているみたいだけど

色々って言っても、この3つだけだった…。


まぁ、それはさておきすでに「ファーストガンダム」については記事があるじゃないかと思われるかもしれませんが、今回は別のことも踏まえつつやっていきたいなと思います。


機動戦士ガンダム I [DVD]



「機動戦士ガンダム」という所謂ファーストガンダム。
なぜファーストガンダムと呼ばれるに至ったかというと、皆様も御存知の通り「ガンダム」と一口に言っても様々なガンダムが世に送り出されているのです。
その中で、「ガンダム」としか呼ばれていないのが「ファーストガンダム」さんなんですよ!!

HGUC 1/144 RX-78-2 ガンダム (機動戦士ガンダム)
RX-78-2 Gundam


このファーストガンダムさんの二つ名が「白い悪魔」です。
この呼名の出自は「ギレンの野望」からなのですが、結構広まっていますね。

まぁ、ジオン側にしてみればアクマのような機体性能だったのでしょう。


ガンダムは装備が豊富です。
ビームライフル・ビームサーベル・ハンマー・バルカン・ヤり。
一体どこに隠し持っているんだとつっこみたくなるような種類の豊富さ…。

対してジオンの主力であるザクは、換装が必要だったり、出てくるごとに装備のバリエーションがあったりなんかで、ロボットとしてはこっちのほうが正しいあり方のような気がしますねww

HGUC 1/144 MS-06 量産型ザク (機動戦士ガンダム)


ちなみに通常の3倍と噂の機体性能を誇るザクがこちら。

HG 1/144 MS-06S シャア専用ザクII (機動戦士ガンダム THE ORIGIN)

いや、ザクはザクですよ。
これにシャアが乗るからこそ通常の3倍となるのです。
カラーリングが違うのは大佐の趣味でしょうね…ww

大佐の乗る期待で赤くなかったのって、ジオングぐらいじゃないかな。

MG 1/100 MS-09RS シャア・アズナブル専用 リックドム (機動戦士ガンダム)
リック・ドム

HGUC 1/144 MSM-07S シャア・アズナブル専用 ズゴック (機動戦士ガンダム)
ズゴック

MG 1/100 MS-14S シャア・アズナブル専用 ゲルググ Ver.2.0 (機動戦士ガンダム)
ゲルググ

MG 1/100 MSN-02 ジオング (機動戦士ガンダム)
ジオング


こうしてみるとやっぱりシャアが乗った機体で赤くないのって、ジオングぐらいですよね…。
百式??あれは時代が違いますし、乗ってる人は「シャア」ではないですよ!!


まぁ、そんなことは置いといて、ここでもう出てきたのが「赤い彗星」こと「シャア・アズナブル」さんです。

一番くじ 機動戦士ガンダム 35th ANNIVERSARY B賞シャアフィギュア

毎回、上司にしたい人ランキングの上位をかっさらっていくこの人ですが、実はジオンに対する深い怨みを持っている人なんですね。

そもそも、「機動戦士ガンダム」の戦争というのは「ジオン公国」がコロニー独立を宣言し、地球連邦軍に攻撃を始めたところからが開戦になっています。
その時に偶然にもガンダムに乗った「アムロ・レイ」が主人公なんですけどもね…w

しかし、「ジオン公国」がそんな事をしたなら「ジオン公国」は悪ではないのか…?
と普通の勧善懲悪モノであればジオンが悪になってしまう図式になるのですが、「ジオン公国」は初めのうちは和平交渉での独立を目指していたんです。
しかし革新派であった「ザビ家」が中心となって、ジオン公国の首相を暗殺。
その勢いのまま戦争に突入していったのです。


【ガンダムウォー】ギレン・ザビ

「機動戦士ガンダム」の戦争行為の大体がこの人のせいです。

ザビ家の長男であるギレン・ザビの求心力というのは中々にすごく、シャアが復讐のために弟のガルマ・ザビを嵌め命を落とした時には、その死をもジオンの士気を高める力にしてしまったんです。

その演説こそが、「あえて言おうカスであると」や「坊やだからさ」の名言に繋がっていくんですよねww


この物語は、さらに個人個人にも大きな物語がついてまわります。
ブライト艦長、マチルダさん、ララァ、ランバ・ラルなど、挙げていったらキリがないくらいに様々なキャラクターが居るのです。



さて、このガンダムからは色々な事が学べるのです。
恋愛観、仕事術、人生。
それはもう様々な物が詰まっているんですよ。


恋愛の観点から見ていくと、やはりセイラ派とマチルダ派という2大勢力が居ます。
ララァ派の人は大佐を叱っていおいてください。


セイラ派と言うと、がっつり「彼女」と言うか今時の若い世代を対象にすることが出来ます。
対してマチルダ派は、厳しいながらもしっかりと男を立ててくれる「母性」が人気の対象に上がるでしょう。


関連記事

<スポンサードリンク>







スポンサードリンク


スポンサードリンク

                           



  • テーマ:アニメ
  • ジャンル:アニメ・コミック
  • カテゴリ:アニメ
  • CM:0
  • コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    リンク

    ブログ内検索

    楽天

    フリーエリア

    プロフィール

    李乃遙夏

    Author:李乃遙夏
    ようこそ。
    管理人の、りのです。
    日々のことを書いていきたいと思っています。
    ゲームやアニメ、漫画も好きなので、趣味が合うなと思った方は、絡んでいただけると嬉しいです。

    こちらに新しいProfileを作りました。
    自己紹介記事へ移動する

    新たにブログを作成しました。こちらもよろしくお願いします。
    ガールズバーで男の娘として働いていた


    ニコ生もやってます。不定期ですが、お時間があれば是非どうぞ
    とりあえず立ち上がって両声類を目指す

    最新記事

    Hulu

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    ニコニコプレミアム登録

    このページのトップへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。