記事一覧


Macについての個人的な見解 けっしていいものではない



ブログを引っ越しました! 詳細はこちら!






もうすぐMacBookが届くのが待ちきれなくて、またまたMacBookのレビューを漁っています。
本当は、もう自分が出向いて取りに行くよ と思ってしまうレベル。

どこかのレビューにも書いてあったけれども、この品薄感はどうもおかしい。
ここまで大々的に革新的なものを発明したというのであれば、もっと宣伝したり、ニュースになってもいいのではと思ってしまう。

しかしながら、私が覚えている限り、新しいMacBookがテレビのニュースで取り上げられたことは無いのではないかと思う。
iPhoneやAppleWatchは、あんなにまでも大々的にやったにも関わらずだ。

多分、今回のMacBookは次への布石に向けての試験的なものなのだと思う。
あと2〜3年もすれば、このMacBookを素体としたproが出てくるのではないかと思っている。


さて、MacBookの話題はここらへんにしておいて、Mac自体の個人的な見解を述べさせてもらいたいと思う。




<絶対的に良いものではない>

よく、Macってどうなの? と聞かれることがある。
正直言って、あまり人にお勧めできるものではない。

というのも、大きく違うことは操作性と価格設定だ。

標準的なマシンで、20万も出すのであれば、そこそこのものを買うことが出来る。
Windowsなんかは、ノートパソコンだと8万円くらいで立派な物が買えてしまう。

MacBookProと同じくらいのものを望むのでも、15万円程度に抑えることも可能だ。

そして、Macの操作性には癖がある。
感圧トラックパッドを始め、Windowsに慣れ親しんだ人からすれば、その操作性はガラッと変わる。

ただし、私がいつも付け加えるのは、慣れたらWindowsには戻れない ということだ。

価格設定こそ強気なものだが、レティナディスプレイ SSD 感圧トラックパッドに加え、新しいMacBookのような今までのものとは全く違った仕様や、MacBookProのインテルi5 DualCoreなどを考えれば、それも頷けるのではないかと思うのだ。


私自身の見解で言えば、Macはお金のかかるおもちゃといったような感じだ。






<互換性が弱い>

Macを使う点で一番困るのは、ファイルの互換性だ。
Windowsから送られてくるファイルネームは毎回文字化けしているし、ファイルを作成しても、Windowsでは上手く表示されなかったりしてしまう。

今でこそ、互換性がマシになったが、昔はHDDもフォーマットしなおさなければいけないなどの面倒臭い一面もあった。

さらに、Windowsでいうところのエクセルは、MacのNumbersと言うのと同一視されがちだ。
しかしながら、書き出す時は保存ではなく書き出しを選ばなくてはならず、面倒臭い。

そもそも、今の書類のほとんどがWindowsを軸として動いているからこの問題が生じるのであって、この規格を同一のものでまとめられたら、それだけで素晴らしい物になるのは言うまでもない。






<アプリケーションが少ない>

Macの嫌な所は互換性だけではなく、使えるアプリの少なさにもある。
実際、そこまで少ないとは感じないが、使えるアプリというのは限られてきて、そのほとんどがシェアウェアだったりする。
価格も高い。

フリーでも使えるものは数多くあるのだが、それを探すのはとても手間がかかる。

逆に、Windowsの場合、アプリが氾濫してしまっている感は否めないので、使うものさえ固定されているなら、あまりこういったことには無頓着で居てもいいかもしれない。






<使う人を選ぶ>

一番の問題がココだろう。

Macは誰しもが使えるというものではない。
それは前述した通り、操作性や価格、アプリの少なさにもあるのだが、Macは一般向けというよりかはクリエイター向けの製品であることは言うまでもない。

ソフトもファイナルカットやフォトショップなど、玄人向けの物が多く、パソコン初心者が使うのはオススメできない。

新しいMacBookは、一般的な利用も考えての設計だとは思うのだが、それでも編集者やクリエイター向けというのは、デザインを見てもお分かりのとおりだ。





<ぶっちゃけ使いたいものを使えばいい>

私がMacを使っているのは、小さい頃からMacに慣れ親しんでいることが一番の要因だ。
Mac歴は12年以上になるので、もうWindowsには戻れない。

別にWindowsが使えないわけではないので、Windows産廃は考えていない。

そもそも、MacとWindowsを迷っているなら、Windowsを勧めることのほうが多い。
それは、使っている人が多いということもあるが、やはり主流のパソコンを使っておいたほうが、互換性など面倒臭いことを考えなくても済むからだ。

要は、どんなシーンでの使用を想定しているかなのだ。
昔はWindowsのマシンの遅さにイライラを覚えたものだが、今はそんなこともなくサクサク動くし、できることの幅を考えれば、誰でも扱えるし扱ったことのあるWindowsの方が好ましいのではないだろうか。

逆にクリエイティブなことを目指すのであれば、Macはこの上ないパートナーになる。
クリエイティブ面にかけては、Windowsよりも質の良いソフトを動かすことが出来る。

もっとも、Windowsでも出来ることはMacでも出来るくらいの考えでいるといいと思う。

私自身は、誰が何を使おうが、私に関係ないのであればどうでもいいことなのだ。
ただし、押し付けはする。それはこのブログでもやっていることだから否定はしないし、自分の好きなモノを他人が使ってくれるというのは、とても嬉しいことだからだ。

ただ、さっきも言った通り、私もWindowsは時折使うし、使えるものだと思っているから、ことOSに関して言えば、どちらでもいいと思っている。







さっきも書いたが、WindowsかMacで迷っているならば、Windowsにするべきだ。

Macがどうしても欲しい!となってからMacに移っても、何も問題は無いし、慣れるまでの時間も必要だ。
MacとWindowsでは、キーボードの配列も微妙に違うので、Windowsでブラインドタッチが出来たからといって、Macでブラインドタッチがすぐ出来るかというと、ムリだろう。

そして何よりも、現在一般に普及しているのが、Windowsだという点はとてもでかい。
互換性などを知らない場合には、せっかくの仕事が無駄に終わってしまうこともあるからだ。

私は、昔からのマックユーザーであるがゆえにMacが欲しいとなっているが、そうでないならばゆっくりと検討する必要はある。
本当にMacが必要なのか否か。

Macでしか出来ない作業というのは、かなり限定的だし、できることの幅を考えるならば、Windowsの方が圧倒的に有利だ。


私自身は、デスクトップを持っていないが、デスクトップを買った場合は、Windowsにするつもりだ。
だって、コストパフォーマンスを考えたならば、デスクトップのMacよりもWindowsを持っていたほうが、できることの幅も広がるし、値段も安く抑えられる。

すごく重たいゲームをするでもなければ、Windowsのデスクトップは10万円程度で組めてしまう。


そこら辺を考えると、Macというのは本当にお金のかかるものだという意識が必要なのではないだろうか。
関連記事

<スポンサードリンク>







スポンサードリンク


スポンサードリンク

                           



  • テーマ:Mac
  • ジャンル:コンピュータ
  • カテゴリ:Mac・iOS
  • CM:0
  • TB:0
  • コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    リンク

    ブログ内検索

    楽天

    フリーエリア

    プロフィール

    李乃遙夏

    Author:李乃遙夏
    ようこそ。
    管理人の、りのです。
    日々のことを書いていきたいと思っています。
    ゲームやアニメ、漫画も好きなので、趣味が合うなと思った方は、絡んでいただけると嬉しいです。

    こちらに新しいProfileを作りました。
    自己紹介記事へ移動する

    新たにブログを作成しました。こちらもよろしくお願いします。
    ガールズバーで男の娘として働いていた


    ニコ生もやってます。不定期ですが、お時間があれば是非どうぞ
    とりあえず立ち上がって両声類を目指す

    最新記事

    Hulu

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    ニコニコプレミアム登録

    このページのトップへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。