記事一覧


放送禁止用語とはなんなのだろうか



ブログを引っ越しました! 詳細はこちら!






先ほど、「NHKで放送禁止用語「日本昔ばなし」〈市原悦子〉に称賛の声」という記事を見た。

内容は、市原悦子が「片端(かたわ)」や「毛唐(けとう)」といった発言を含めてしまったために、NHK側が謝罪したということだった。

※片端…身体障害者 毛唐…主に白人の外国人

しかし、調べてみると、ISSAさんの「びっこを引く」を訂正した発言だったりと、結構用語の問題は幅が広い。


しかしながら、コレを差別用語だからと断じるのはいかがなものなのだろうか。

確かに、差別的な意味合いを含んで入るのだけれども、その時代時代での言い方があったはずである。


私だって、びっこを引くくらい言うし、片端という存在が誰を刺すかを知っている。

舞台や映画などでは、その時代を尊重して、そう言った言葉を置き換えないままに演技をする。


私達日本人は、非情に言葉に対して淡白なのだろうと思う。
意味を考えずに使ってしまったり、簡単に言葉を捨てたりする。

放送の倫理上、なにかしらの問題があるのだとしても、その人の言葉を否定するということは、その人の人格を否定しているのと、どこが変わらないのだろうか。
放送禁止用語だから使ってはいけない言葉なんて存在せず、その言葉一つには、誰かの人生、誰かの思いが込められていることを再認識しなければいけない。

もしも、自分がその言葉を知っていて、自分にとって正しい表現ではないと思った時には訂正すればいいのだと思う。

テレビがいちいち謝ることではないし、それを咎めるのもどうかと思う。

実際に、放送禁止用語だから と言われても多くの人はピンと来ない。
だからこそ、この言葉には、こういった意味があって、差別的なことにも使われて と小学生にも分かるくらいの解説を挟むべきだと思うのだ。

そうすれば、個人個人が気をつけるようになるだろうし、それが悪い言葉であるというのを納得させられる。

表現が正しくない言葉がありました という言葉狩りを続ければ、いずれ日本人は喋れなくなってしまうことだろう。


ちなみに、私が気をつけているのは
・外人…差別的な印象を与えてしまうため
  外国人・外国の方・○○国の方 

・キチガイ…差別的な意味合いがある。また、医学的にも患者さんがショックを受けるとのこと
  なるべく使わないようにしている。
  言い換えられそうな言葉が見つからないため。



どんなに言い換えても、意味合いが変わることはない。
誰かが何の気なしにいうこともアレば、悪意を持った人間が使う場合もある。
悪意を持った人間に合わせるというのは、すこしお門違いではないだろうか。




補足としてこちらの記事を書かせていただきました。

禁止用語について
関連記事

<スポンサードリンク>







スポンサードリンク


スポンサードリンク

                           



  • テーマ:気になったニュース
  • ジャンル:ニュース
  • カテゴリ:意見
  • CM:0
  • TB:0
  • コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    リンク

    ブログ内検索

    楽天

    フリーエリア

    プロフィール

    李乃遙夏

    Author:李乃遙夏
    ようこそ。
    管理人の、りのです。
    日々のことを書いていきたいと思っています。
    ゲームやアニメ、漫画も好きなので、趣味が合うなと思った方は、絡んでいただけると嬉しいです。

    こちらに新しいProfileを作りました。
    自己紹介記事へ移動する

    新たにブログを作成しました。こちらもよろしくお願いします。
    ガールズバーで男の娘として働いていた


    ニコ生もやってます。不定期ですが、お時間があれば是非どうぞ
    とりあえず立ち上がって両声類を目指す

    最新記事

    Hulu

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    ニコニコプレミアム登録

    このページのトップへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。